CALENDER

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

CATEGORIES

archives

smile!


・ブログ内の情報は、私が伺った時点でのものです。異なる内容がありますのでご注意ください。
・嗜好はそれぞれ。このブログ内の感想は、一個人のものだと解釈してください。
・画像の無断転載・複製はご遠慮ください

カウンター

無料カウンター

楽天

2016.05.07 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2015.03.25 Wednesday

    祇園 さゝ木 2月再訪 : 【京都】

    0

      1(sasaki).jpg
      2月のこと、京都へ。
      「祇園 さゝ木」さんへ行ってきました。
      新幹線でびゅーん。これだけのために京都入りしたという、何とも贅沢な時間の使い方。
      少しだけ早く到着したので、近くのカフェで美味しい珈琲と雑誌を楽しみました。


      5(sasaki).jpg
      スタート。
      蕪の上にはからすみパウダー!上品な塩気が堪りませんでした。


      4(sasaki).jpg


      6(sasaki).jpg
      白味噌のお椀〜
      お椀自体も素敵。


      2(sasaki).jpg
      さゝ木さんだー。


      9(sasaki).jpg
      素材が素晴らしすぎる。
      鰤大根(辛味大根おろし)、赤貝、えんがわ、鮪の握り。


      7(sasaki).jpg
      えんがわの分厚さ、写真で伝わるかしら。
      この歯ごたえはなかなか経験できません。


      10(sasaki).jpg
      御出汁の中にお魚、金目鯛だったかなぁ?失念してしまいました。
      胡麻が香ばしい!


      8(sasaki).jpg
      きゃー!!大興奮。何もかも圧巻でございます。


      11(sasaki).jpg

      14(sasaki).jpg
      さゝ木の代名詞、ピザ釜で焼いていただきました。
      2種類の火入れです。半生の状態と完全火入れ。食べ比べができて楽しかったです。


      15(sasaki).jpg
      大きな雲丹ですこと。


      12(sasaki).jpg
      最後の〆は、松葉蟹の味噌チャーハン。
      これは反則。美味しすぎ〜。
      おかしいな?お腹のリセットスイッチが入り、何杯も食べられちゃいます


      16(sasaki).jpg
      デザートは完全に洋風なんですねー。



      さゝ木劇場、満喫しました。
      ごちそうさまでした。Aちゃん、誘ってくれて有難う〜❤(笑)


      2015.01.25 Sunday

      ラ シーム再訪 ディナー編 : 【大阪】 

      0

        1(ci).jpg
        ディナーはこちらです。
        夏に行って気に入った「ラシーム」さんに、ディナーで再訪しました。
        再訪できただけでも嬉しいのですが、今回は自分の誕生日祝いに友人たちがつきあってくれました。
        「大阪だけどどう?」とお声掛けしたのですが、みんな来てくれました(笑)
        ほんと、ありがとね

        CさんへFさんへAさんへ
        一人ずつへハートを送ります(笑)



        2(ci).jpg
        左から、アンチョビパイ。パプリカと生ハム。


        4(ci).jpg
        ビーツ


        3(ci).jpg
        竹炭。
        ゴーヤとおから、豆乳。


        5(ci).jpg


        7(ci).jpg
        椎茸のポタージュ。
        椎茸の香りとトリュフの香りが存分に味わえました。


        6(ci).jpg
        穴子と百合根、そして菊芋のスープ。上から掛かっているのは、確か焦がし玉葱。


        8(ci).jpg
        フォアグラと無花果。ソースはジェニパーベリー。


        9(ci).jpg
        ん?トレビスに隠れて見えないね(笑)


        11(ci).jpg
        豚足とセップ茸。
        とろーんと濃厚です。フレンチぽくなかったけど美味しかった。


        10(ci).jpg
        お魚料理は、甘鯛。カルダモンが効いていました。


        12(ci).jpg

        14(ci).jpg
        メインは鹿。ガルニは人参。お花の模様が乙女でした♪


        13(ci).jpg
        パイナップルと胡瓜のデザート


        16(ci).jpg
        わ。
        うれし。


        15(ci).jpg
        オレンジと南瓜。チョコレートのデザートでした。


        17(ci).jpg
        小菓子も。



        wine2(ci).jpgwine1(ci).jpg
        ワインはソムリエさんにお任せ。
        グラスでお料理に合わせていただきました。シャンパーニュはこちら。
        そっか、どこかで見たと思ったんだ(笑)以前ご馳走になっていたんですねぇ。


        wine3(ci).jpgwine5(ci).jpg

        穴子の辺りで。
        フォアグラあたりで。


        wine4(ci).jpgwine6(ci).jpg
        豚足あたりで。
        甘鯛あたりで。

        wine7(ci).jpgwine8(ci).jpg
        鹿あたりで。
        デザートではRHUM。


        正直、夏のランチに比べると満足感が今一つでしたが、このレベルのディナーはなかなか遭遇しません。
        楽しいディナーで幸せでした。
        さて名古屋へ。終電、間に合って良かった良かった。


        2015.01.23 Friday

        たこシャン : 【大阪】   

        0

          2(tako).jpg
          大阪でたこシャンと言えばこちら。
          「たこりき」さんです♪
          カウンターだけのお店で、たこ焼きとワインを楽しむお店です。


          2日目の大阪。
          ディナーはフレンチレストランを予約していたので、昼は軽めにしたかったのです。
          おひとりさまでも入りやすくていいんです
          カウンター数席しかないから予約をした方がいいかもしれません。


          6(tako).jpg
          吉田牧場のモッツァレラを使ったサラダ

          さっぱり。アラカルトメニューも案外豊富でびっくり。
          一つしか選べませんでしたが他にも気になるメニューあり。
          こういうカウンターってオーダー連鎖が起こりやすいですよね。
          この日はカレー連鎖が起きてました(笑)


          5(tako).jpg
          ノーマルバージョン。
          やっぱり王道は押さえておかないとね。


          4(tako).jpg
          揚げたこ
          自家製のタルタルソースをたっぷりつけていただきまーす。
          ワイン飲も飲も。


          1(tako).jpg3(tako).jpg


          何人もの方からオススメされていた「たこりき」さん。
          楽しませていただきました。
          今度は近くの「フジマル醸造所」さんへんも行ってみたい。


          2015.01.22 Thursday

          イルポーベロディアヴォロ : 【大阪】

          0

            15(il).jpg
            11月に大阪へ1泊旅行をしました。
            1日目のディナーはここに来ました。

            大阪のモダンイタリアン、「Il Povero Diavolo」(イルポーベロディアヴォロ)さん。
            木津市場の前にあると聞いて来ましたが、まさかこんな横町の中にあるなんて思ってもみませんでした。迷ってお店に電話しちゃいました。


            こちらのお店は、市場すぐのこの立地を生かしたイタリアンで、お魚料理に特化したお店です。
            肉好きな彼女とデートしました(苦笑)



            1(il).jpg
            お料理がスタートしました。


            4(il).jpg
            マッシュルーム、ひら茸、ローズマリー
            ソースは干し椎茸がベースで和出汁の味わい。


            2(il).jpg
            ほっき貝とほうれん草。
            緑が鮮やか〜。


            7(il).jpg
            ぼたん海老に落花生のソース


            5(il).jpg
            タラの白子、蓮根、かぼちゃのピューレ

            しゃきしゃきした蓮根の食感が良く、かぼちゃのピューレがすっぱくて素敵でした♪


            9(il).jpg
            パスタもお魚のラグーで頂きました。


            14(il).jpg
            鱸のポワレ、じゃがいもピューレ


            6(il).jpg
            ぶり大根


            8(il).jpg
            ワインはすべてお任せ。
            鰤大根には赤ワイン。


            11(il).jpg


            12(il).jpg

            13(il).jpg
            おお!
            見た目では分からない秘密もあり。食べた人しか分かりません♪


            10(il).jpg

            シェフとサービスの方、お二人でやっていらっしゃいました。
            テーブルがメインだとは思うのですが、カウンターを指定して座りました。
            カジュアルさもあって素敵。

            肉料理がないのってどうかな?と内心思っていたのですが、
            それをカバーするお魚の使い方と味わいでした。
            見た目は綺麗だけど決してやわな味ではありません。イタリアンとワインか飲める塩使いでした。
            またいつか訪れてみたいです。


            1(ヴァル).jpg
            さて、2次会。
            「カンティネッタ バルベーラ」さんへ移動しました。

            本当はこちらで1次会スタートしたかったのですが、この日はシェフが不在で断念したのです。
            でもこんな美味しいワインを頂けたので良かった。

            いつかお料理も食べに再訪しましょう、
            と思っていたのに・・・、
            閉店しまうなんて。ショック〜。


            2014.10.05 Sunday

            エシレ マルシェ オ ブール : 【大阪】

            0

              1(echire).jpg
              デパ地下に寄ってお土産を購入。
              阪急の「エシレ」でね。





              シュー・ブールは、定番のバタークリームとフワンボワーズの2種類。
              初めて食べたけど、こりゃすごい。
              これでもかというバタークリーム!!攻め攻めです。
              この気概にハートをキャッチされました♪



              3(echire).jpg2(echire).jpg
              後は、サブレとガレット。
              美味しくて、帰宅後の数日は珈琲タイムが充実しました。



              またもし行ったら、この時出会えなかったオムレットと、新商品のラング ドゥ ブッフを買いたいな。 
              ごちそうさまでした。


              2014.10.04 Saturday

              ラシーム ランチ編 : 【大阪】

              0

                「カランドリエ」さんで、クラッシックな落ち着いたディナーをした翌日、
                「ラシーム」(La Cime)さんでランチをしました。

                お料理、サービス含め、とても良いレストランでした。
                最近食べたモダンフレンチの中では、1番気に入りました。
                ランチだけでは物足りない!
                11月は自分の誕生日があるのですが、ぜひここで!と予約入れちゃいました♪



                2(lacime).jpg


                3(lacime).jpg4(lacime).jpg5(lacime).jpg6(lacime).jpg
                アミューズ4種



                7(lacime).jpg8(lacime).jpg
                前菜は秋刀魚だったかな。
                お連れ様と私のお皿、お皿の盛りつけが異なります。
                カッコイイです!



                wine3(lacime).jpg
                ここで頼むワイン、悩みました。
                あーでもないこーでもない。
                結局こんな感じになっちゃいました。白ワイン3種(苦笑)


                アリゴテ、ピノグリ、ソービニオンブラン・・・あなたなら何を合わせますか?
                さて、何が一番合ったでしょう。
                ソムリエ・・・あんなたエライ(笑)



                wine1(lacime).jpgwine2(lacime).jpg


                9(lacime).jpg
                パンとバター



                10(lacime).jpg
                フォアグラ
                青林檎のソースや牛蒡のパウダーなどと一緒に頂きます。
                一見複雑に見るのですが、綿密に考えられた味の融合が素晴らしいです。



                wine4(lacime).jpg



                フォアグラにはMARCELDEISSゲベルツとDomaine Santa Duc Gigondasを。
                ここでもカッコイイご提案でした。



                11(lacime).jpg
                お魚料理もいいねー。



                wine6(lacime).jpg
                ここでは王道のムルソー。



                12(lacime).jpg
                wine7(lacime).jpg

                wine8(lacime).jpg
                メインには赤を2種類、それぞれに。
                楽しいお店です。



                13(lacime).jpg

                wine9(lacime).jpg
                調子に乗った我々は、食後酒まで行こう!ということに。
                「マールか何か〜。」とソムリエ氏を呼んだら、なんとすでに用意されていました(笑)
                ドライジンとアムール・ド・トロワ・オレンジというアルマニャックをベースにしたオレンジキュラソー。
                次のデザートに合わせたチョイスです。



                14(lacime).jpg



                15(lacime).jpg
                小菓子


                このランチ。
                我々、どこかで“行ってまえスイッチ”が入った気がします
                あー楽しかった。
                また行けるんだ、しかも大好きな人たちも誘っちゃった〜。
                幸せ〜。ほえ〜


                2014.10.03 Friday

                カランドリエ : 【大阪】

                0

                  大阪の有名フレンチ「CALENDRIER」(カランドリエ)に行ってきました。
                  以前から家でも話題に挙がっていたお店で、ようやく念願が叶いました。
                  ディナーでお伺いしました。



                  1(カランドリエ).jpg
                  私が思っていたよりもカジュアルな雰囲気。
                  もっと重厚なイメージを勝手に抱いておりました。
                  無駄な装飾はなく、上品な内装で居心地の良い空間でした。



                  2(カランドリエ).jpg
                  フォアグラスープのコロッケがアミューズです。
                  これをみたら、「カランドリエだ!」と分かる定番の一品。



                  3(カランドリエ).jpg
                  伺いましたのは、夏の盛りでしたから。
                  ガスパチョの中に沢山の宝物が入っておりました。オマールがぷりっぷり〜。



                  6(カランドリエ).jpg5(カランドリエ).jpg
                  温かい前菜は、素材を選ぶことができました。
                  私は上、イカや帆立が入った魚貝を選び、お連れ様はリードボーを。



                  4(カランドリエ).jpg
                  パン



                  7(カランドリエ).jpg
                  魚料理



                  wine1(カランドリエ).jpgwine2(カランドリエ).jpgwine3(カランドリエ).jpg
                  泡や白ワインはグラスで合わせて頂きました。



                  8(カランドリエ).jpg


                  9(カランドリエ).jpg
                  10(カランドリエ).jpg
                  メイン。5種類位の中から選べました。
                  が、私もお連れ様も自動的に2種類に絞っておりました(笑)
                  フランス産地鶏と、フォアグラと鳩のパートフィロ包み。



                  wine4(カランドリエ).jpg
                  赤ワインはボトルで。



                  11(カランドリエ).jpg
                  チーズの盛りあわせ



                  13(カランドリエ).jpg
                  桃のコンポートがゴロゴロと。



                  12(カランドリエ).jpg
                  クラシックなスタイルです♪



                  14(カランドリエ).jpg
                  厳選して2種類だけ。
                  デザートは欲張りません(笑)



                  16(カランドリエ).jpg15(カランドリエ).jpg


                  味もサービスに関しても、納得の安定感。
                  「カランドリエ」というお店がそこに在ることの意味を、なんだか感じてしまいました。

                  すぐじゃないけど(笑)
                  また必ず訪れたいお店です。


                  2014.05.03 Saturday

                  カセント ディナー編 再訪

                  0

                    神戸の有名スパニッシュ「Ca sento」(カ セント)に再訪しました。
                    以前伺ったのが2010年のこと。その頃はミシュラン本も神戸版は出版されておらず、こちら「カセント」さんも星は未獲得の時期でありました。
                    以前の記事を復習してみると、やはりそんな類のことを書いている模様です。
                    この間にお店をリニューアルされており、今回のディナー、楽しみに伺いました。


                    店内のメインダイニングは、黒が基調のシックでカッコイイのですが、
                    私たちが利用した個室は、ウッディで落ち着いた空間でした。



                    1(カセント).JPG




                    泡は2種類いただきました。



                    2(カセント).JPG
                    ローストしたトマトを使ったガスパチョ



                    3(カセント).JPG
                    スペイン産の紫ニンニクを使ったコンソメスープ
                    大蒜が香ってとても美味しいコンソメでした♪



                    4(カセント).JPG
                    5(カセント).JPG
                    蓋を空ける楽しみもあり。
                    蓋の内側には蜂蜜が塗ってあって香りを楽しむことができました。
                    菜の花に良く似たテーマディラーパ、クレソン、フレッシュのアーモンド。



                    6(カセント).JPG
                    フォアグラのお皿
                    フォアグラがお米で出来たチップスでサンドされていました。ゆるい三日月が素敵です。
                    ローストしたナッツがキャラメリゼされていて、甘みを主張。
                    上にはオゼイユ。



                    7(カセント).JPG
                    沢山のタパスが登場しました



                    8(カセント).JPG
                    イタリアンパセリ、空豆のモホピューレで和えられた鮑



                    9(カセント).JPG
                    ういきょうのガスパチョ



                    10(カセント).JPG
                    アンチョビと紫オニオン



                    11(カセント).JPG
                    カンパーニュ



                    12(カセント).JPG

                    13(カセント).JPG
                    ソブラサーダ



                    14(カセント).JPG
                    サルシージャ



                    15(カセント).JPG
                    ホワイトアスパラガス
                    上には、トウモロコシとナッツ各種で作ったパウダーが掛けられ、下にはポレンタ。
                    菜の花が散りばめられていました♪



                    16(カセント).JPG

                    17(カセント).JPG
                    わー、でましたね。
                    定番の有機野菜のサラダ!!温かいホエーのスープが掛けられます♪
                    独特の香り、酸味、甘み、とても美味しいサラダです。
                    たっぷりありますが、余裕で食べられてしまいます



                    18(カセント).JPG
                    お魚料理は、五島列島の鯛でした。
                    ソースは、玉葱ベースに、ディルとバニラオイルが効いていました。
                    美味しい!



                    19(カセント).JPG
                    お肉料理は、子豚。



                    20(カセント).JPG
                    この皮目!!!
                    素晴らしかったです。記憶に残る、印象的な美味しさ。
                    お肉部分ではなく、皮や皮との境目、脂部分が最高です

                    またソースも良かったです。
                    蕪のピューレにアンディーブ、ハーブ類が入り、さらにオレンジジュースの爽やかさ。
                    オレンジは豚に合うのよね〜。



                    21(カセント).JPG

                    22(カセント).JPG
                    こちらも定番、おじやです。
                    魚貝、野菜の出汁が出まくりで、美味しい〜。お代わりしました



                    23(カセント).JPG
                    チーズの盛り合わせ

                    デザート1種類をチーズを変更することができました。
                    チーズを選びました。そっか。チーズは直球勝負なのね。



                    24(カセント).JPG
                    左:白ワインとフルーツのカクテルジュース
                    右:黒胡椒のアイスクリーム



                    26(カセント).JPG
                    削りたてのカカオ、カカオのチュイール



                    27(カセント).JPG
                    キルシュのババ、ホワイトチョコレート、キャラメリゼした苺



                    28(カセント).JPG










                    ワインはソムリエさん任せで、お料理に合わせて頂きました。
                    久しぶりの「カセント」さんでしたが、とても満足ー。
                    タパスも楽しいのですが、お魚料理、お肉料理で満足感が得られたのは嬉しい。
                    星も取っている人気店であることも容易に頷けるポイントです!

                    機会があったらまた伺いたいです。
                    この日は日帰りディナーでしたが(!)、今度は神戸に宿泊してゆっくり過ごしたいです


                    2014.01.08 Wednesday

                    號tetu → 手作りパン工房 いしがま : 【滋賀・長浜】

                    0

                      さて、京都滋賀旅行の最後の記事。
                      「徳山鮓」を後にし、長浜をぶらぶらして名古屋に帰ることにしました。



                      コテツ.JPG

                      ランチは軽くラーメンを、長浜の人気店「號tetu」さんで頂きました。
                      限定メニューなども迷ったんですけどね〜。
                      やっぱり王道で行くのが私流(笑)
                      鶏を使った白湯ラーメン「濃厚鶏そば(塩)」をオーダー。

                      後から友人に言われて納得!
                      天一の濃厚さに似てるんだっ。
                      ポタージュみたいにぽってり。

                      こういうラーメンもたまにはいいね。美味しかった。



                      いしがま外観.JPG
                      「手作りパン工房 いしがま」さん。



                      いしがま2.JPG
                      行列ができるほどの人気店らしいですが、
                      残り少ないパンを、待ち時間なく買えました。ラッキーだったのかも。


                      焼き立てのパンをその場でちぎって食べる贅沢さ。
                      この美味しさを上回るものはありませんね♪



                      叶匠寿庵.JPG
                      「カフェ叶匠寿庵 長浜黒壁店」ではみんなでお茶〜。
                      こちらはまぁ、観光地の喫茶店という感じ。



                      鮒寿司.JPG


                      酒粕.JPG

                      お土産は鮒寿司や七本槍の生酒、酒粕など。
                      とっても充実した1泊旅行でした。
                      楽しかった。
                      終始すっぴんでごめんなさいね〜(笑)


                      2014.01.06 Monday

                      とり料理 瀬戸 : 【京都】

                      0

                        瀬戸外観.JPG

                        1泊の師走旅行のメインは「徳山鮓」さんでしたが、
                        ランチも欲張って、京都の洛北にある「とり料理 瀬戸」さんへ伺いました。
                        ミシュランで星も取っているお店です。
                        ランチは1組しか予約を取らないので、きっと無理だろうとダメもとで電話したら予約が取れちゃいました。ラッキーでした。


                        最寄駅は一応、市原駅。
                        京都はよく行っても、なかなかこの辺りまで足を延ばすのは難しいので、
                        この機会に行くことができて、本当最高でした。
                        運転手さんにご無理を申しました



                        料理2(瀬戸).JPG

                        こちらのお店のウリは2つ。
                        平飼いの地鶏と自家栽培の新鮮野菜!
                        鶏は、予約時間に合わせて約1時間前に捌き始めるそうです。


                        先付けのお野菜から美味しく頂きました。
                        さっぱり。



                        料理1(瀬戸).JPG
                        見るからに美味しそうです。
                        ムネ・モモ・ズリ・ササミ・レバー・クビモト・ハネシタ・背肉。
                        この新鮮な鶏肉の各部位は、今から炭火で焼き鳥にします。



                        料理4(瀬戸).JPG
                        すべて女将が給仕してくださいます。
                        かつて行政が厳しくなかった頃は、お刺身でいただけたのだとか。
                        つくづく惜しい。食べたかった。



                        料理5(瀬戸).JPG
                        これは手羽部分。



                        料理7(瀬戸).JPG
                        胸肉だったり、ささみだったり。
                        淡白で味気なさそうなササミ部分も、肉汁が溢れんばかりのジューシーさにびっくり!



                        料理3(瀬戸).JPG
                        塩だったり黒七味だったり。お好みで。



                        料理6(瀬戸).JPG
                        お芋。



                        料理8(瀬戸).JPG
                        焼き鳥を思う存分楽しんだ後は・・・、




                        料理9(瀬戸).JPG
                        すき焼きの始まり。
                        こちらは若女将が担当してくださいました。



                        料理10(瀬戸).JPG料理11(瀬戸).JPG



                        料理13(瀬戸).JPG
                        囲炉裏ですき焼き、このシチュエーションが嬉しい。
                        美味しさが増長される気がします。



                        料理12(瀬戸).JPG
                        卵を付けて頂きますが、
                        あまり混ぜてはいけないそうです。十文字に割る程度が美味しいんですって。



                        料理14(瀬戸).JPG
                        もちろん鍋の最後はお雑炊。



                        料理15(瀬戸).JPG
                        苺と洋梨でひんやり♪



                        もちろん鶏もお野菜も美味しかったのですが、居心地の良さも味のうち。
                        田舎のおばあちゃんの家に帰ってきたような気になる“安らぎ空間”が素晴らしかった。

                        行ってみたいと思っていたお店、また一つ夢が叶いました


                        | 1/11PAGES | >>