CALENDER

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

CATEGORIES

archives

smile!


・ブログ内の情報は、私が伺った時点でのものです。異なる内容がありますのでご注意ください。
・嗜好はそれぞれ。このブログ内の感想は、一個人のものだと解釈してください。
・画像の無断転載・複製はご遠慮ください

カウンター

無料カウンター

楽天

2016.05.07 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2012.10.14 Sunday

    国宝 松本城 : 【長野】

    0

      下弦の月.JPG
      下弦の月が見える清々しい日。
      お昼御飯も食べ終わるころ、急きょ思い立って「松本城」を見に行くことにしました。

      当然のように、松本駅に着いたのは15時過ぎ。


      静かで落ち着いた松本城下を散策できるかと思いきや、
      ちょうど「そば祭り」なるイベントをやっていて、城内はかなり賑やかな様子でした。
      こんなはずじゃなかったのになぁ〜(苦笑)



      松本城1.JPG

      松本城2.JPG
      松本城。
      戦国時代の永正年代初めに作られた「深志城」が始まり。


      挟間.JPG
      矢挟間、鉄砲挟間。

      天守閣内に入ると、漆のような独特なにおいがしました。



      武者走りの間.JPG武者走り.JPG
      「武者走」

      戦闘時に、武者たちがこの周りを走り回ることから名づけられたとか。



      松本城3.JPG



      松本城4.JPG松本城5.JPG
      最上階まで上るのに大渋滞でした。
      上に行けば行くほど狭くなり、勾配も急な上に、この日は人が多かったからね。
      でも、当然ですよね、簡単に上れない作りになっているんですから。



      松本城7.JPG
      「月見櫓」からの石垣。


      「松本城」に来るのは、これで2回目。(前回の記事
      やっぱり楽しかった〜。




      シャンパンタイム.JPG
      松本駅近くのビストロで、シャンパンを飲んで休憩。
      どこかで夕食を食べてから名古屋に帰ることにしました。


      ただ、急に来たのでレストランを調べずに出てきちゃった。
      ぷらぷら〜っとして、良さ気なお店に入りましょう。


      2008.01.02 Wednesday

      国宝 犬山城

      0


        愛知県犬山市の代表的な観光名所、「犬山城」へ行ってきました。



        名古屋から近い、ということもあって、
        もう何度来たか分かりません。
        でもいつ来ても新鮮に思えるのは、
        お城が素晴らしいのか、はたまた、私の記憶力が相当素晴らしいか、どちらでしょうね(笑)


        では、さっそく「犬山城」のご紹介です。
        今回もひときわマニアックな記事となっておりますイヒヒ



        ▼入ってすぐに石垣



        ▼本丸門

        「本丸門」をくぐると、天守閣が見えてきます。


        ▼通行禁止部分の石垣



        ▼天守閣

        「どーん!」


        ▼天守閣

        「どーん!!」


        ▼天守閣

        「どーん!!!」


        では、天守閣に登ってみます。



        ▼一階の階段

        さすがに急な勾配です。


        ▼一階階段脇の石垣



        ▼柱

        「こいつは一体何を写してやがるんだ!?」

        とお思いでしょう(苦笑)
        ・・・入り口すぐの柱を写してみましたカメラ


        この柱の跡、「ちょうな」の削り跡です。
        (あ、でも調べたら「削る」んじゃなくて、「つる」っていうらしいです)
        伝統的な大工道具「ちょうな」の削り跡がよく出ていたので、写してみました。


        かつては代表的な大工道具だった「ちょうな」も、現在ではほとんど使われなくなったそうで、「ちょうな始め」という儀式で使わる位なんです。



        冗談上段の間

        お殿様のお部屋。この奥には「武者隠しの間」があります。お殿様を守っていたのね〜!
        ここだけ「猿頬天井(さるぼおてんじょう)」になっていて、格の高い部屋となっていました♪


        ▼石落しの間



        ▼武者の間と武者走り



        ▼唐破風

        犬山城の南北に「唐破風(からはふう)」が、東西に「千鳥破風」があります。

        さて、天守に到着しました。
        高所が苦手な私ですが、頑張って一周してきましたよ。


        ▼天守からの眺め





        犬山城はやっぱりえがった〜♪

        2007.11.21 Wednesday

        岩村城址 : 【岐阜・恵那】

        0

          岩村城址(いわむらじょうし)に足を伸ばしてきました。
          岩村城は、≪日本三大山城≫(岩村城・松山城・高取城)の一つで、
          日本一、標高の高いところ(721m)に建つお城です。



          また、古い歴史にも裏付けられた名城です。
          1185年(文治元年)源頼朝の重臣「加藤景廉(かとうかげかど)」がこの地の地頭に補せられたのに始まり、
          その後、鎌倉・室町の300年間、戦国の100年間、更に江戸期の300年間に渡り、連綿と続き、明治に至り「廃城令」で廃城されるまで存続しました。
          (看板参考)



          ▼帯曲輪(おびくるわ)




          ▼本丸石垣




          ▼裏門石垣

          石組みが素敵です(笑)



          ▼埋門(うずみもん)

          ≪野面積み≫、≪打ち込みハギ≫、≪切り込みハギ≫の3種類すべてが見られる貴重な門です。



          ▼石段

          山切りカットの石段が楽しいです。



          ▼落葉

          落葉じゅうたんのしっとりした感じが、古城にお似合いです☆



          ▼山城からの眺め

          霧が掛かりやすい地形から、「霧ヶ城」とも呼ばれています。


          また、「女城主」の城とも言われているみたいです。
          その理由はこちらのサイト参照のこと→パソコン

          2007.06.12 Tuesday

          丸岡城 : 【福井】

          0





















            「丸岡城」、良い城です。


            2007.04.23 Monday

            国宝 松本城

            0







              皆様、ゴールデンウィークの予定は決まっていますか?
              そもそもGWはありますか?汗

              今でこそ、祝日が有り難い私ですが、
              その昔、
              【GWだから=休み】
              という恵まれた仕事をしていなかった頃は、
              世間様が羨ましくて、羨ましくって・・・たらーっ



              きっとこうやって見てくださる方々も、
              世間でいう祝日こそ忙しかったり、
              多忙すぎて休日出勤される方もいるんでしょうね!
              あぁ・・・、
              お疲れ様でございますひやひや



              でもたまには!!
              ちょっとしたご褒美があったって、バチは当たりませんよウィンク



              名古屋から程近い場所へ、
              ≪一泊程度で、ゆったりとした旅行がしたい。≫電車


              ちょっと前、そんな気分だったので、
              松本へ温泉一泊旅行へ行ってきましたニコニコ
              GWも近いですし、参考になれば幸いです。



              やっぱりココは外せません。
              この時期、天気がいいと最高です♪
              松本駅から、テクテク散歩がてら、
              中町通りなどを抜けて、松本城ニコニコ


              では早速、
              松本城をsakaeがご案内します。
              downお城好きな方はdown



              ▼渡櫓(わたりやぐら)=天守閣の入り口




              ▼石落(いしおとし)と挟間(さま)


              「ごろごろごろごろ〜〜〜〜〜〜〜〜雷

              おーっと、こんなところに仕掛けが!!
              「石落」から、石が落ちてきたらこんな感じ!?(笑)

              ピンクの矢印からは、鉄砲玉が、
              「シューーーーン!ドドーーーーン!!」

              ブルーの矢印からは、弓矢が
              「シャッッ!!シュパーーーーーン!!」



              ▼「武者走り」と、部屋中央は「武器・食料庫」

              天守閣の一階にある部屋。
              沢山の柱の中央は、食料や武器、弾薬の倉庫だったそうで、
              その四方を取り囲む廊は、「武者走り」
              武具に身を包んだ武者たちが、
              血気盛んに、武器を手にして走っていたんでしょうね!



              ▼月見櫓(つきみやぐら)

              天守の南東に位置するこちら。
              お月見をするために設けられた「櫓」!!



              ▼天守閣からの眺め(本丸御殿跡)


              そっか・・・。
              松本城っていうのは、このような城だったんですね見る



              漆黒の天守は、それは堂々たる姿で雄々しい。
              類まれな勾配の急な階段、
              武器庫の存在、石落や挟間の豊富さ・・・など、
              ≪戦うための≫工夫・築城技術が為されている一方で、

              月見櫓や辰巳附櫓など、≪遊び≫を目的とした
              風流・優雅な創作もされている!!



              ただキレイ・・・、
              それだけではない魅力を垣間見ることができましたニコニコ



              実は、松本城に訪れたのは、
              今回が初めてでした。



              天守閣もしっかり残っている「国宝」だし、
              期待に胸を膨らまし、興味津々の私。



              やっぱり
              「百聞は一見に如かず」とは良く言ったものですねウィンク


              2006.05.07 Sunday

              松阪城Vol.2

              0
                さっきから、風上からいいニオイがすると思っていたら…
                「あっ、そうか」の原因は、
                downこれでした!!down





                藤棚がありました〜〜♪

                満開には、「惜しいっ、今一歩!!」という感じが、少し残念しょんぼり
                でもこの位が控えめで、いいのかも♪
                食事も〈腹八分目が丁度いい〉っていいますもんね!!

                私ったら、なんてポジティブなの・・・。
                アハ。グッッグッド

                甘いような、甘酸っぱいような
                良い香りが、この公園内をおおっていましたよ〜ニコニコ

                さて、藤棚を背にさらに上を目指します。


                石段が大きくって…だから、大股広げて登ります(笑)



                どの石が足をかけやすいか…下ばっかり見てる私。
                戦だったら、間違いなく、upこんな所upから
                シュパッと弓矢で射抜かれてますね冷や汗


                さらに、城だけあって、
                石段を右に〜左に〜と、くねくね曲がり、「天守閣跡」に到着です。






                以上、「松阪城」でした。


                こ、これだけですよ。
                …だって、「跡」だもん!

                でも、結構良くないですか?(←わたしだけー!?)

                2006.05.07 Sunday

                松阪城:【三重】

                0
                  お腹もいっぱいになった3人は、「松阪城」へ行くことに。
                  「松阪城」と言っても、天守閣はないんですけどね(・e・)汗

                  でもいいんです。
                  私は、天守閣がない城も好きだから♪♪


                  小さい時だったら、絶対そんな風には思えなかっただろうな〜。

                  「シャチホコがなきゃ、お城じゃないじゃんっ」
                  などと、名古屋の子どもらしい事を言っていたに、違いありません!!


                  大人になったということでしょうかね。
                  城壁を見たり、○○跡を見て、歴史を感じたり
                  その当時の城内外の様子を想像!!して喜ぶようになるなんて・・・。

                  自分でも驚く次第です(笑)


                  それでは「松阪城」上ります。
                  一緒にお付き合いください。




                  「表門跡」

                  「城壁」、ついじっくり見てしまうんだな〜。




                  「城壁」の〈反り〉具合に目が奪われたっ!
                  新緑がきれいだ〜〜♪
                  この城壁に沿って、右へ曲がってみると?




                  広々とひらけていましたー。
                  青い空もきれーーーいっ!!天気に恵まれて良かったぁ晴れ



                  「あっ、そうか。」

                  何が「そうか」なのかというと、

                  ・・・つづく。

                  | 1/1PAGES |