CALENDER

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

CATEGORIES

archives

smile!


・ブログ内の情報は、私が伺った時点でのものです。異なる内容がありますのでご注意ください。
・嗜好はそれぞれ。このブログ内の感想は、一個人のものだと解釈してください。
・画像の無断転載・複製はご遠慮ください

カウンター

無料カウンター

楽天

2016.05.07 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2016.03.17 Thursday

    ひとりブタだがや

    0

      久しぶりの落語で楽しかったな。
      立川生志の“ひとりブタだがや”を聴きに行ってきました。

      この日は、「粗忽長屋」と「百年目」が聴けました。枕も楽しかったでかんわ〜。
      著書にサインまでもらってきちゃった。ミーハー(笑)
      今度は大須演芸場で開催されるようで楽しみです。

      2015.12.26 Saturday

      古澤巌×ヴィルトゥオーソ´ 

      0

        hurusawa.jpg

        hurusawa2.jpg

        大好きな古澤巌氏と、ベルリンフィルハーモニー・ヴィルトゥオーソ´との演奏、「愛のツィガーヌ」を聴きに行ってきました。

        プログラム
        第1部
        ピアソラ 「タンゴ・バレエ」
        マリーノ 「愛のツィガーヌ」
        マリーノ 「マリーノのコンチェルト 第2番 記境掘

        第2部
        ファリャ 「はかなき人生」
        アルベニス 「マラゲーニャ 〜組曲「エスパーニャ」より」
        カルデルス 「タンゴの幻影」
        タレガ 「アルハンブラの思い出」
        アルベニス 「タンゴ ニ長調 〜組曲「エスパーニャ」より」
        グラナドス 「アンダルーサ 〜「12のスペイン舞曲」より」
        サラサーテ 「チゴイネルワインゼン」


        最高でございました。
        ベルリンフィルのヴィルトゥオーゾと一緒に聞く古澤氏の演奏は、古澤氏の色がまた顕著に聞き取れて楽しいものでした。最高の時間にうっとり


        2015.11.20 Friday

        やっとかめ part2

        0

          yattokame2-12.jpg
          やっとかめ文化祭ではもう一つ、こちらのイベントに参加しました。
          「名古屋ごはんの美味しい食べ方指南」というもの。

          ご指南くださるのは、料理評論家の山本益博氏。
          お料理は、江戸時代享保年間より仕出し料理店を営む八百彦本店さんによるもの。徳川園内にある宝善亭さんで開催されました。

          まず気になったのは、〈名古屋ごはん〉という言葉の使い方。名古屋めしはよく聞くところですが、あえて名古屋ごはんと謳っているところに興味を惹かれました。
          確かに名古屋めしというと、どこかB級のイメージが付きまとってしまいますが、本来このエリアは山海の幸に恵まれたところ。名古屋には豊かな食文化があるはずなんですよね。そんなことにハタと気づかされた、そんなお話を頂戴することができました。



          yattokame2-1.jpg
          上の画像は、まず付きだしとして頂きましたもの。
          歌川広重の「東海道遊歴双六」中にも描かれる献上品、宮重大根です。みやしげ大根、とは清州市の特産である尾張大根なんだとか。僅かにたまりを入れたお出汁で炊かれた大根が、八丁味噌とあいまって美味しかったこと。
          当時にならって白湯と一緒にいただきまして、胃腸が浄化されるような気持ちがいたしました。


          yattokame2-2.jpg
          かなりきちんとした形でのお食事で驚きました。お弁当か何かだと思っていましたので嬉しかった♪


          yattokame2-5.jpg

          yattokame2-4.jpg
          ご飯とお味噌汁。贅沢に取ったお出汁に少しの八丁味噌。こちらにも宮重大根と菊菜が入っていたのですが、これがとても美味しかった!!お出汁の繊細さの奥に八丁味噌の香りとコクが追いかけてきて、素晴らしい一品でした。


          yattokame2-3.jpg
          鯛の昆布しめ。


          yattokame2-7.jpg

          yattokame2-8.jpg


          yattokame2-9.jpgyattokame2-10.jpg
          お椀は蟹としめじ。少し私には甘めだったかしら。


          yattokame2-11.jpg
          デザートも。

          量自体はそう多くなかったと思うのですが、きちんとした和食をゆっくり頂いたからでしょうか。食後感がとても良かったです。
          楽しいお話も拝聴できて、そういう意味でもお得なイベントでした!!


          2015.11.19 Thursday

          やっとかめ文化祭 part1

          0

            yattokame1.jpg
            芸どころ名古屋!!
            「やっとかめ文化祭」のイベントに行ってきました。名古屋が誇るべき伝統や歴史を新発見、再発見できる文化的なイベントです。どんなイベントがあるのかご紹介したいところですが、私の拙い文章力では伝えきれないほどの充実・多様ぶり!!老若男女、みんな満足できる多彩なプログラムで、HPをご覧ください、と言わせてください(笑)
            ぜひこれからも続けていただきたい、そう思います♪


            yattokame2.jpg
            時間に余裕があればもっと参加したかったのですが、今回私は2つのイベントに参加しました。
            まずは、「香りと音で世界のまちを「旅」する」というもの。
            なんと、ヴァイオリンの演奏を聴きながら、その曲に因んだお香を聴く、という世界でも初めての試みではないか?という企画でした。

            志野流香道21代目家元継承者:蜂谷宗苾
            ヴァイオリニスト:高橋誠

            アジア〜イスタンブール〜イタリア〜フランス、
            といった世界の街をイメージした曲を奏でるヴァイオリン。更に、その曲のイメージに合わせてお香を聴く。
            「(音色を)聴きながら(香りを)聴く」というなんとも欲張りなものでした。
            聴覚と嗅覚に神経を持っていかれるため、個人的には目を閉じて鑑賞するのが好きでした。

            また初めて伺ったこの会場。メニコンANNEX HITOMIホールも、壁も天井も椅子も全て木製で、こぢんまりとした良い会場でした。


            なかなか普通では体験できないのは、このようなイベントゆえですね。まま保守的な私ですが(笑)、こういう革新的なイベントはやっぱり楽しい。来年はどんな企画があるんでしょう?って期待しちゃいますね。


            2015.08.26 Wednesday

            青い種子は太陽のなかにある at 渋谷オーチャードホール

            0

              aoisyusi.jpg
              去年の夏に引き続き、蜷川作品を観に渋谷へ行ってきました。
              前回はBunkamuraシアターコクーンでの開演でしたが、今回はオーチャードホール!クラシックコンサートをメインに上演するホールでの開催でした。


              それもそのはずです。
              「青い種子は太陽のなかにある」
              本作品は、寺山修二が20代の時に書き下ろしていたという音楽劇だから。
              生誕80周年、そして蜷川氏も80歳というアニバーサリー公演ということでした。


              音楽担当は松任谷正隆。
              主演は蜷川作品に初となる亀梨和也。相手役のヒロインが高畑充希。
              脇も、マルシア、大石継太、渡辺真起子、鳥山昌克、つまみ枝豆、山谷初男、戸川昌子、六平直政と、そうそうたる顔ぶれで流石です。


              ストーリー自体はスラム街を舞台にした暗いお話なんだけど、そこに生きる人間とその個性が生き生きと描かれていて、それぞれが主人公のような印象でした。
              亀梨君の甘いかすれ声も良かったけど(笑)、高畑充希ちゃんの透明感のある安定した歌声は気持ちよかったぁ。後ろにいらした年配の男性方も大絶賛されている様子でした


              とはいえ、やはり陰鬱とした時代背景に思いを馳せずにはいられませんでした。
              「セメント樽の中の手紙」なんかを思い出しちゃったりして……。


              文学・文化の世界に浸れる時間はいいものです。


              2015.08.09 Sunday

              考えることは一緒なの

              0

                1(kabuki).jpg
                「六本木歌舞伎」、観ました。
                中日劇場で9日間上演されておりましたので、観に行かれた方も多いことでしょう。私の周りでも毎日誰かが観に行っているという状況でした。
                チケットもかなり争奪戦だったようで、さすが人気役者の方々です!

                なんとなく想像はしていたのですが、
                敷居が高くて歌舞伎はちょっと・・・、という方にはいいのかもしれないですが、そう思う一方で歌舞伎の入門には成り得ないとも思ったり、少し複雑な心境になりました。
                面白かったですけどね。


                2(fukuro).jpg
                昼の部に行ったので終了時間が14時30分。
                15時から開店のお店を探しまして、久しぶりに「梟」さんへお邪魔しました。
                皆様考えることは同じみたい。
                その時間、歌舞伎帰りのお客様で一杯でした(笑)


                1(fukuro).jpg
                こちのお刺身と白子ポン酢。


                3(fukuro).jpg
                蒸し鮑。


                4(fukuro).jpg
                とうもろこしのしんじょう揚げ。


                5(fukuro).jpg
                活鯵フライ。
                わーい、食べたかったんだ。


                tamanaha.jpg
                「玉ぐすく」さんへ行ったら、「玉那覇」さんの日でした。
                木曜日だけ限定で、鶏白湯ラーメンの日!表の看板、店名までも変更になっていてビックリしました。
                お友達は、「初めて玉ぐすくに行ける」と喜んでいたのですが、どうやら再訪せねばいけないようです(苦笑)


                2015.07.16 Thursday

                辻井伸行 プレミアムリサイタル

                0



                  辻井伸行氏のプレミアムリサイタルへ行ってきました。
                  今回のリサイタルは、全国の音響施設の整っているクラシック専用ホールで開催するという趣旨のものに加え、プログラムもショパンとリストという魅力的な内容でした。

                  有名なピアニストゆえ、もちろん存じ上げてはいましたが、生の演奏を聴くのが今回が初!
                  とても楽しみにしていました。

                  やっぱり生で聴くのがいい。
                  質感のある音はテレビなんかじゃ伝わりませんね。
                  もちろんプログラムにも寄るでしょうが、テレビ等で聴いているよりもずっとクリアで重厚感のある音でした。


                  ある曲が終わり、辻井氏が一旦奥へ。観客がどよめいたのが印象的でした。
                  私を含め前のめりに聞き入っていました。
                  息を殺す、息を飲む・・・そして彼と観客の息が合う、そんな瞬間があったように思いました。


                  お誘いくださったお友達に感謝。
                  とても楽しかったです。


                  2015.05.25 Monday

                  サンドリーヌ・ピオー ソプラノリサイタル

                  0


                    サンドリーヌ・ピオーのソプラノリサイタルへ行ってきました。

                    ≪プログラム≫
                    ケクラン ツェムリンスキー ドビュッシー 
                    シェーンベルク ショーソン R.シュトラウス

                    初めて聴きましたが、もう最高でした
                    ソプラノながらも少し厚みのある声で、情感程よく歌いあげていて素晴らしかった。
                    フランス歌曲を中心にしたプログラミングも良かった。
                    定評ある歌声を聴けて幸せでした。

                    それに、スーザン・マノフのピアノ伴奏も息ぴったり。
                    伴奏もソプラノも両方が抜群だなんてね♪


                    誘ってくれたお友達に感謝でした。
                    この気持ちいい余韻に浸りたくて、バーで軽く飲みました。
                    直帰したらもったいなくて。


                    2015.04.22 Wednesday

                    中日劇場 四月花形歌舞伎

                    0

                      1(kabuki).jpg
                      中日劇場開場50周年記念、四月花形歌舞伎へ行ってきました。

                      昼の部
                      操り三番叟 
                      雪之丞変化

                      夜の部
                      新・八犬伝

                      迷ったのですが、私は夜の部へ伺いました。
                      夜の部は、まず市川猿之助さんが口上を勤められ、「新八犬伝」では片岡愛之助さんが崇徳院、扇谷定正、網千左母次郎、犬飼現八と、見せ場の多い役どころを一手に演じていらっしゃいました。

                      人気絶頂の愛之助、しっかり拝見するのは初めてだったので楽しみにしていました。
                      劇場を斜めに宙乗りする場では、さすがの盛り上がりを見せていましたね!


                      八犬伝はとても面白いお話だけど、
                      今回はもしかすると昼の部の方が好みだったかも〜、なんて思って見てました。



                      1(kakurega).jpg2(kakurega).jpg

                      8時ごろに閉演したのでお腹も空いてきました。
                      偶然遭遇したお友達と、つださんの2号店「創作串揚げ つだ かくれ家」へ伺うことにしました。

                      本店は事前予約でないと入れないのですが、今のところ穴場かな。
                      飛び込みでしたが座れました♪


                      本店よりもこぢんまりとした店内で、よりカジュアルな雰囲気で楽しめるお店でした。
                      今のところ定休日も決まっていないようなので、いつでも利用できそうです。

                      楽しい観劇と美味しい食事、そして楽しい女子トーク。
                      良い休日の過ごし方になりました。感謝。


                      2014.11.24 Monday

                      ダイハツ オーヴォ 名古屋公演 開幕!!

                      0

                        オーヴォ.png
                        シルクドソレイユ、初めて体験してきました。
                        今回の演目は「オーヴォ」。
                        昆虫がテーマの公演だとかで、・・・虫嫌いの私としては少々緊張しつつ行ってきました(笑)


                        会場の装飾も衣装も本格的なので、確かに少し気持ち悪いのですが(苦笑)、
                        観るほどに引き込まれて、最後には全く気にならなくなります。


                        芸術的な肉体美や繊細な指使いが素晴らしくずっと見ていたいほど。
                        ほどよい緊張感と高揚感で楽しい時間でした。


                        何に関しても言えることですが、レベルの高いものを観ると気持ちが良いですね。
                        眼福さいこー


                        | 1/4PAGES | >>